肩こり・腰痛・頭痛etc白馬八方尾根・整体

施術写真

施術写真

「頭痛」「目の疲れ」

頭痛

 頭痛・目の疲れには、後頭部の際の瘂門(あもん)・天柱(てんちゅう)風池(ふうち)が気持ちいい~^^施術後、視界が広がり、視力もUP^^首の張り・肩こりにも効きます。

「肩こり」

肩こり

 第7頸椎(首の骨の一番下)と第1胸椎(背骨の一番上)のまわりは、肩こり・首の疲れ・猫背・肩甲骨によく効く、肩中兪(けんちゅうゆ)・肩外兪(けんがいゆ)・大杼(だいじょ)というツボが、じわーっと響いて「何とも言えない気持ちよさ」

肩井

 肩こりには欠かせないツボ、肩井(けんせい)だいたいですが、耳たぶからまっすぐ下に降りたあたりにあります。肩がパンパンの人は、頭の方まで響いて気持ちいい^^

天宗

 肩関節・肩甲骨が緩むと⇒肩こり・首の張り・背中の張り・猫背に、腰の方まで緩みます。写真右は天宋というツボで肩甲骨全体に気持ちよさが響き、詰まった感じがスッキリします。

  • 筋肉は複雑に絡み合い、繋がっているので、全身を施術してあげると、相乗効果で気になる部位もより快適になります。

「背中~腰」

肩甲間部

 肩甲間部(背骨と肩甲骨の間)を手根で背骨から筋肉をはがし、広げるように圧をかけていきます。背中の上の方の痛みや違和感は、猫背や肩こり、肩甲骨の疲れが原因になっている事が多いです。

腰

 胸椎、腰椎の骨の際には、肝兪(かんゆ)・脾兪(ひゆ)・胃兪(いゆ)など多くのツボがあり、腰の痛みはもちろん、便秘や胃腸の調子も、腰・骨盤・股関節辺りをほぐし緩めると、内臓も動き出し働きが良くなります。表裏一体です。

腰
臀部

 腰痛は、臀部(おしり)もほぐして骨盤もしっかり緩めます。腰痛は⇒おしり⇒坐骨神経(太ももの裏)⇒足の冷え・しびれなど、どんどん広がっていくので、限界までためないようにしましょう。

大腿(太もも)~ふくらはぎ・足裏

足裏
坐骨神経
  • 股関節や膝の動きに関わる大腿を手根で圧迫、スポーツなどで筋肉の使い過ぎによる疲労や坐骨神経痛に効きます。
  • むくみは血行をよくすると、脚の細胞にまわった水分を血液が回収して内臓に戻します。内くるぶしのすぐ後ろの太谿(たいけい)などもむくみを解症します。
  • 第二の心臓と言われる足裏の万能のツボ湧泉(ゆうせん)や反射区を指で丁寧に刺激することにより、血液やリンパの流れをスムーズにして、冷えを取り自然治癒力を高めます。

仰向け

うつぶせの後仰向けで施術します

  • 脚の外側、膝の皿から指4本ほど下の足三里(あしさんり)は脚の疲労、膝の痛み、胃痛や消化不良などにGood^^
  • 上腕(肩から肘)⇒前腕(肘から手)には肩こり頭痛、上腕の痛みや腱鞘炎にも気持ちいい、手三里(てさんり)。
  • 親指と人差し指のまたの間。 手を広げた時に、2本の指が接する骨の手前の部分。合谷(ごうこく)は肩こり、歯痛や目の疲れに効きます。
  • 目の周りのツボ攅竹(さんちく)耳

予約受付 TEL:090-6027-3014
MAIL:info@yukoudouhakuba.com
お問い合わせフォーム

a:13942 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional